お買い得クーポン

担当者日記。

いらっしゃいませ!
商品や、発送についてのお問い合わせは
「あてんぼう」駅前店
0479-22-2123へ
お願いします。

携帯ページ

HOME»  銚子港 旬の魚情報»  夏(6、7、8月)

夏(6、7、8月)

 

夏ロゴ

キンメダイ  銚子沖には、冷たい親潮と暖かい黒潮がぶつかる海が広がっています。この海で育まれたキンメダイは1年中脂が乗り、煮物にすると特に美味であるほか、白身であらゆる料理に利用できる。

       ※調理法 刺身、煮魚、干物、味噌漬け、粕漬け、酒蒸し、鍋物、ブイヤベース、ムニエルなど

カツオ  夏の到来を告げるその年初めてのカツオの水揚げを「初鰹」(はつがつお)と呼び、珍重する。けれども、現在最も好まれる物は、秋の戻り鰹である。

 

      ※調理法 鰹節、刺身、鰹のタタキ、生利節など

       

 

マイワシ  身は柔らかくて小骨が多い。大型個体では皮下脂肪がよく発達する。6~8月頃のイワシは「入梅イワシ」と呼ばれます。

 

※調理法 ちりめんじゃこ、干物、塩焼き、煮付け、缶詰、酢の物、刺身、たたき、魚肉練り製品など

 

磯ガキ   5月から8月に掛けて旬を迎える銚子の「磯ガキ」は、天然物のため水揚量は極わずかですが、夏に食べられるカキとして大変珍重されており、食通は「夏場のカキを好む」とさえ言われています。

 

       ※調理法 生食、焼き物など

 

 

マコカレイ  旬は初夏から晩秋に至るまで。旬である時期が年々長くなっているように感じる。絹のようなきめ細やかな身は塩焼きに煮つけにと何にしてもいい味である。

 

 

        ※調理法 刺身、煮魚、干物、味噌漬け、粕漬け、酒蒸し、鍋物、ブイヤベース、ムニエルなど